東京から関西に向かう途中、新幹線から

 

あっぱれな富士山を見ることができました。

 

 

今日はゼンダラタイル(白)の作品を

 

ご紹介したいと思います。

 

今回使ったゼンダラタイルは

 

こちらのストリングが

 

すでに印刷されているものです。

 

 

 

 

フラグメントを使って仕上げていくので

 

薄く印刷されているストリングを

 

最初にペンでなぞりました。

 

こちらの画像ではわかりにくいですが

 

今回はピグマペンの紫色を使っています。

 

 

ゼンダラタイルで使うフラグメントは

 

「小さなピースで楽しむゼンタングル」から

 

三角のフラグメントE6です。

 

 

この小さなフラグメントを使って

 

ゼンダラタイルをお楽しみいただきました。

 

さてさて・・・

 

どんな仕上がりになったでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

桜咲く春をイメージして

 

紫と黄緑の色鉛筆で

 

春色のアクセントカラーを加えました。

 

 

皆さん同じゼンダラタイルを使いましたが

 

誰一人として同じ出来上がりに

 

ならないのがこれまた面白い!

 

描いていくうちに模様が見え始め

 

線を加えたり色を塗って

 

思い思いに仕上げてもらいました。

 

 

次回のブログでは

 

ゼンダラタイル(黒)をご紹介します。

 

お楽しみに〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

千鳥ヶ淵のライトアップされた桜

 

 

東京、名古屋、大阪、神戸の

 

全クラス無事に終了いたしました。

 

ご参加くださった皆様

 

ありがとうございました。

 

 

各会場での皆さんの作品を

 

少しずつご紹介させていただきます。

 

こちらは「はじめてのゼンタングル」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員同じパターンを描いているのに

 

どれひとつとして

 

同じには仕上がらない面白さ。

 

 

一人静かに描くのも大事ですが

 

出来上がったタイルを並べて

 

みんなでワイワイ鑑賞するのは

 

クラスに来ていただく

 

特別なお楽しみ。

 

毎回、新しい発見と学びがあります。

 

 

次回は、ゼンダラタイル(白)の作品を

 

ご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

ルネサンスタイルの作品です。

 

タン色のペーパータイルに

 

黒と茶のピグマペン

 

そして白のチャコールを足して仕上げました。

 

(ペーパータイルの色合いの違いは、撮影したときの光の関係です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで描いてみましょうかと

 

見本を見ていただくのですが

 

皆さんそれぞれが思い思いのアレンジをしてくれます。

 

素晴らしいな〜と感動する瞬間が

 

最後にモザイクにしたとき。

 

いろいろなアイデアがぎっしり詰まった作品から

 

たくさんの刺激を受けて

 

毎回、皆さんから学ばせていただいています。

 

 

 

↑ 7月5日発売の新刊です。

 

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

好評発売中!

入門書としておススメ!

基本の道具セット

フェイスブック


Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM