ゼンダラタイル(黒)の作品のご紹介です。

 

ブラックのゼンダラタイルに

 

サクラクレパスのボールサインという

 

ゲルインクのペンを使って描きました。

 

 

 

ボールサイン商品説明ページはこちら

 

 

メタリックな色合いがブラックタイルに映えて

 

白のゲルインクとは、雰囲気が変わりますね。

 

 

 

 

 

今回は、タイルの裏側にもパターンを描いて

 

ハサミで切れ目を入れ、立体に仕上げました。

 

 

 

えーーーーー

 

せっかく描いたのに切るんですかーーー!!!

 

と、叫び声も聞こえていましたが(笑)

 

はい!

 

思いっきり切っちゃいました(^^;

 

 

 

 

 

 

折り目をつけるとこんな感じに

 

立てて飾ることができます。

 

題して「オプティカル イルージョン」

 

日本語で言うと「錯視」でしょうか。

 

 

ゼンタングル認定講師で友達でもある

 

オランダ在住ディアナの素敵なアイデアを

 

許可をもらいシェアいたしました。

 

ディアナのブログをご紹介しておきます。

 

素晴らしい作品の画像をご覧くださいね。

 

Didisch website

 

(PCサイトでは、Googleの翻訳を使えます。)

 

 

 

東京から関西に向かう途中、新幹線から

 

あっぱれな富士山を見ることができました。

 

 

今日はゼンダラタイル(白)の作品を

 

ご紹介したいと思います。

 

今回使ったゼンダラタイルは

 

こちらのストリングが

 

すでに印刷されているものです。

 

 

 

 

フラグメントを使って仕上げていくので

 

薄く印刷されているストリングを

 

最初にペンでなぞりました。

 

こちらの画像ではわかりにくいですが

 

今回はピグマペンの紫色を使っています。

 

 

ゼンダラタイルで使うフラグメントは

 

「小さなピースで楽しむゼンタングル」から

 

三角のフラグメントE6です。

 

 

この小さなフラグメントを使って

 

ゼンダラタイルをお楽しみいただきました。

 

さてさて・・・

 

どんな仕上がりになったでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

桜咲く春をイメージして

 

紫と黄緑の色鉛筆で

 

春色のアクセントカラーを加えました。

 

 

皆さん同じゼンダラタイルを使いましたが

 

誰一人として同じ出来上がりに

 

ならないのがこれまた面白い!

 

描いていくうちに模様が見え始め

 

線を加えたり色を塗って

 

思い思いに仕上げてもらいました。

 

 

次回のブログでは

 

ゼンダラタイル(黒)をご紹介します。

 

お楽しみに〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

千鳥ヶ淵のライトアップされた桜

 

 

東京、名古屋、大阪、神戸の

 

全クラス無事に終了いたしました。

 

ご参加くださった皆様

 

ありがとうございました。

 

 

各会場での皆さんの作品を

 

少しずつご紹介させていただきます。

 

こちらは「はじめてのゼンタングル」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員同じパターンを描いているのに

 

どれひとつとして

 

同じには仕上がらない面白さ。

 

 

一人静かに描くのも大事ですが

 

出来上がったタイルを並べて

 

みんなでワイワイ鑑賞するのは

 

クラスに来ていただく

 

特別なお楽しみ。

 

毎回、新しい発見と学びがあります。

 

 

次回は、ゼンダラタイル(白)の作品を

 

ご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

好評発売中!

入門書としておススメ!

基本の道具セット

フェイスブック


Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM